治療方法は

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

肝斑の治療はどのような方法があるのかと思う人もいるでしょう。クリニックによってはレーザー治療やイオン導入、ケミカルピーリングを使った治療を行っているところもありますが、ホルモンバランスによって生じる症状でもあることから、体の中からのスキンケアが中心となります。

美容皮膚科での治療方法としては飲み薬や外用薬がよく利用されます。美白効果の高いことでも知られるトラネキサム酸やビタミンCが配合された内服薬です。市販薬でも同じ成分が配合された商品もありますが、価格には大きな差があるようです。

医療機関で処方される内服薬では保険が適用されるケースが多く、市販薬よりも安く治療をすることができます。美容皮膚科でのレーザー治療となると一回の治療で1万円から2万円の治療費が必要となります。しかし内服薬では保険が適用されることから2週間分で1,000円程度です。この費用は市販薬と比べても安いです。市販薬によっては1か月分で4,000円もする商品もあります。

肝斑治療では日から2ヶ月程度で効果を実感できることもありますが、長期治療が必要になることもあります。長期治療になったことを考えれば少しでも費用が安い方が良いでしょう。通常のスキンケアでは難しい肝斑治療では、市販薬を利用するよりも美容皮膚科のような医療機関を使った治療が最適です。美容皮膚科によっても治療方法は異なりますので、しっかりカウンセリングを行うことが大事といえます。レーザーと内服療法を組み合わせて治療を行っていく美容皮膚科もありますので、事前に電話やメールなどで治療方法を確認してみるのも良いでしょう。

▼関連情報▼
美容皮膚科